情報伝達のプロに|nlpプラクティショナーを取得しよう

婦人

伸びる需要とやりがい

メンズ

他の仕事との関わり

言語に問題を持っている人のための仕事として言語聴覚士がありますが、国家資格ができてさほど時間も経っていないことから、まだまだ認知度の低い資格となっています。しかし、これからますますリハビリを必要とする人も多くなっていくことが予想されますので、言語聴覚士は伸びていく資格であるとも言えます。働き場所もかなり幅広く、医療・福祉関係をはじめ、教育関係の施設などでも求人が見受けられます。また、他のリハビリ医療職、たとえば理学療法士や作業療法士とともに仕事をする機会も多いことから、やりがいがあるのはもちろんのこと、体の作りや機能などさまざまな知識を習得することも可能です。現時点では言語聴覚士の絶対数は少ないので、逆にチャンスかもしれません。

どういったルートで取得

さて、言語聴覚士になるにはどうすれば良いのでしょうか。まず受験資格を得ることから始めなくてはいけません。養成学校で3年以上履修するなど、受験資格を取得にはいくつかの条件があります。4年制の学校場合は年数が多い分、実習も豊富で専門知識を習得しやすいメリットがあります。3年制の学校ですと早く受験資格が得られますし、学費が安いというメリットがあります。言語聴覚士は患者の意志を汲み取り、理解する能力も必要ですから、知識だけでなくコミュニケーション能力が求められます。学校ではそういった点も学ぶこととなりますが、やはり実務経験に優るものはありませんから、資格を取得して初めてスタートに立ったと言えるかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加