情報伝達のプロに|nlpプラクティショナーを取得しよう

婦人

ビジネスエリートへの道

男性

経営の必須知識を学ぶ

MBAとは、日本語で経営学修士と呼ばれます。経営に必要な知識を体系的に学ぶことができ、分野はマーケティングやアカウンティング、情報システムや経済学など様々な範囲に及びます。また、単に知識の習得だけでなく、自ら考えて判断していく力を養います。経営者の目線で分析・検証を行い、全体的かつ論理的に考える実践力を身に付けていきます。MBAはビジネススクールで必須知識を満遍なく学び、一定の単位を取得することで学位、又は修士として与えられます。資格ではなく学位ですので、限られた専門職に就けるというわけではありません。MBA取得者は国際基準の経営知識を有し、ビジネス・プロフェッショナルとして様々な活躍の場が広がっています。起業や外資系企業への転職など、第二のキャリアを目指す人が多いようです。

取得方法による違い

MBAを取得するためには、大きく分けて4つの方法があります。1つ目が海外留学で、退職・休職をして海外のビジネススクールに通います。退職・休職しなければならないため、収入がゼロになるというデメリットがあります。しかしそれ以上に、英語力の向上や各国の優秀な人材と人脈を築くことができるという大きなメリットがあります。2つ目が退職・休職をした上で、日本のビジネススクールに通うことです。そして3つ目は、働きながら休日や夜間にビジネススクールに通うことです。どちらも海外留学と比べて費用の負担が軽いことがメリットです。また、英語で授業を行うビジネススクールもあり、国際性という点もカバーされています。最後に4つ目は通信制で取得する方法で、時間や場所を選ばず自分のペースで学ぶことができます。自由度が高いことが最大のメリットで、自分で計画を立てて進めたい場合に向いています。

このエントリーをはてなブックマークに追加